期待を上回る温かさと優しさにあふれる本でした「金曜日の本屋さん 秋とポタージュ:名取佐和子」の感想

金曜日の本屋さん 秋とポタージュ 名取佐和子 読書 感想 書評 レビュー

大好きな本屋さん”金曜堂”の第3弾。人と人を本がつなぐ素敵な場面がたくさんあって、心温まる物語でした。
バイトの倉井くん、ちょっと頼れる存在になりつつあって、応援しちゃいます笑

書籍情報

タイトル:金曜日の本屋さん
秋とポタージュ

★★★★

著者:名取佐和子
ジャンル:心温まる本
発売日:2017/08/09
読了日:2018/01/15

シリーズ化されています。

2019/09時点では夏、秋、冬とシリーズ化されています。

内容紹介(Amazonより引用)

小さな駅ナカ書店“金曜堂”。名物店長の南、金髪のオーナー・ヤスさん、喫茶担当イケメン栖川、そして年上の南に想いを寄せる学生アルバイト・倉井の四人が働く店には、様々な想いを抱き「いまの自分にぴったりの一冊」を求める客が訪れる。ある日、倉井に大学内で話しかけてきた女子学生たちが、ひょんなことから一日だけ“金曜堂”を手伝うことに。けれども、同じ同好会だというふたりの仲は、どう見てもぎくしゃくしていて…。温かな感動を呼ぶ人と本との出会いの物語、シリーズ第三弾。

Amazon

Instagram投稿感想。

大好きな本屋さん、金曜堂の3冊目!
今回も期待を上回る温かさと優しさにあふれる本でした♡

コンソメスープとポタージュの話がすごく良かったです!
コンソメスープを目指してるけどポタージュになりがちな人間関係。でもポタージュでもいいんです!と言い切ってくれる槙乃店長が優しくて大好きです(*´□︎`)♡

バイトの倉井くんもすごく頼もしくなってきててちょっとかっこいいとこも見れてよきでした。
倉井くん、普段は左ハンドルの車に乗ってることをさらっと言っててそこにかなり衝撃でした!!
ほんと、さすが坊ちゃんバイト!(笑)

本が人の心をつないでゆくとっても温かい物語で、読みたい本がぐっと増える本との出会いもたくさんある、やっぱり大好きな本屋さんでした♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です