今までのひたすらあったかくて心がほぐされるようなすみっこごはんとは違ったシリーズ第4巻!「東京すみっこごはん”楓の味噌汁”:成田名璃子」の感想

東京すみっこごはん 楓の味噌汁 成田名璃子 読書 感想 書評 レビュー

今までのすみっこごはんとひと味ちがう第4弾。世の中ハッピーエンドばかりじゃない、ほろ苦い結末もあったけれど、うま味たっぷりの物語は現在でした。あったかくておいしい1冊。

書籍情報

タイトル:東京すみっこごはん
“楓の味噌汁”

★★★★

著者:成田名璃子
ジャンル:ごはん・ほんわか
発売日:2018/09/20
読了日:2019/06/21

シリーズ化されています。

2015年に第1作目が発売され、年一冊ずつ出ています。

2016年に第2作目のオムライス!

2017年に3作目。


2018年には今作の4作目。

内容紹介(Amazonより引用)

天井の雨漏りをきっかけに、すみっこごはんの2階に足を踏み入れた常連のみんな。そこで見つけたノートの中身とは!? 訪れる新顔は、SNS映えを気にする読者モデル、普通の生活すら困難な中学生、修行中の料理人、そして誰もが思いがけなかった人。新たな出会いは楓を深く悩ませて……。年齢も職業も異なる人々が集う“共同台所”が舞台の大人気シリーズ第4弾!

Amazon

Instagram投稿感想。

今までのひたすらあったかくて心がほぐされるようなすみっこごはんとは違ったシリーズ第4巻!
楽しいだけじゃない日々の暮らしにむしろ毎日が生きづらいと感じるような苦しみを抱えたひとたちに一緒に凹んでしまって切ない気持ちにたくさんなりました。
それでも、どんなひとにも手を差し伸べて助けようとするすみっこごはんの存在にやっぱり心があたたまりました(*´□`*)

おいしそうであったかいごはんももちろん健在なので空腹時に読むのはつらいですが(笑)元気はじわじわわいてくる1冊です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です