お腹空くー!「東京すみっこごはん”雷親父とオムライス”:成田名璃子」の感想

東京すみっこごはん 雷親父とオムライス 成田名璃子 読書 感想 書評 レビュー

おなかすくー!!!って描写が多過ぎです。からあげのお話なんて、おいしそう過ぎて大変です(笑)みんないろいろあるけど、すみっこごはんに立ち寄ればたちまち解決してしまう、あったかさ満載です。

書籍情報

タイトル:東京すみっこごはん
“雷親父とオムライス”

★★★★☆

著者:成田名璃子
ジャンル:ごはん
発売日:2014/04/12
読了日:2017/2/25

シリーズ化されています。

2015年に第1作目が発売され、年一冊ずつ出ています。

2016年に第2作目の今作のオムライス!

そして、2017年に3作目の親子丼。

2018年には4作目。

2019年・・・新しいのは出るのでしょうか

内容紹介(Amazonより引用)

年齢も職業も異なる人々が集い手作り料理を食べる“共同台所”には、今日も誰かが訪れる。夢を諦めかけの専門学校生、妻を亡くした頑固な老人、勉強ひと筋の小学生。そんな“すみっこごはん”に解散の危機!?街の再開発の対象地区に含まれているという噂が流れ始めたのだ。世話好きおばさんの常連・田上さんは、この事態に敢然と立ち向かう。大人気シリーズ、待望の続編!

Amazon

Instagram投稿感想。

すみっこごはん!
シリーズ2作目ですが、1作目と変わらずよきです!
おいしそうなごはんを言葉で伝える表現が素晴らしいです(*´꒳`*)
わたしもすみっこごはんであったかいひとたちと一緒にごはんを食べたいなあ❁
そんな場所、なかなか現実では見つけられないですが…
いつかそんな居心地のよい場所に出会えますように♡
とってもおなかがすくけれど、とっても元気がでる一冊でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です