封印してた過去が明らかに「小暮写眞館(下):宮部みゆき」の感想

小暮写眞館 下巻 宮部みゆき 読書 感想 書評 レビュー

登場人物それぞれが封印してきた過去がどんどん明らかになって、元あったところにおさまっていく感じ。なぜか読み終わるのに時間がかかってしまったけど、物語があったかくてとどまりたかったのかも。

書籍情報

タイトル:小暮写眞館(下)

★★★★☆

著者:宮部みゆき
ジャンル:ミステリー
発売日:2013/10/16
読了日:2017/2/21

内容紹介(Amazonより引用)

――今だから、言えるんだ。
ふたをしてきた家族の過去。それに向き合う時がくる。

人の想いは思いもかけない場所に現れることがある。たとえば写真とか。英一の小学生の弟、光(ピカ)の様子がおかしい。友人のテンコによれば、彼は写眞館の元主(もとあるじ)、小暮さんの幽霊に会いたいのだという。そして垣本順子、英一と家族、各々が封印してきた過去が明らかになる。読書の喜びがここにある。感動の結末へ。

Amazon

Instagram投稿感想。

ようやく読み終わったー!!
すごくあったかくて、ずっと浸かっていたい物語。
とにかく主人公の英一くんいい男だなあ。
みんなが良いところにおさまって、とてもハッピーエンドでした。
このひとたちの何年後の後日談が知りたいなあ。と思うくらい読後、この物語の人々を身近に感じました\( ˙ ˙ )/◎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です