こってりめの肉小説集に比べるとさっぱりめ「鶏小説集 :坂木司」の感想

鶏小説集  坂木司 読書 感想 書評 レビュー

肉小説集の第2弾!!今回は前回より、みんなおいしそうに食べてます(笑)
連作短編集だから、物語のつながりを見つけるのが楽しかったです。ユーモアと青春、あとはやっぱりうまみたっぷりでした!!

書籍情報

タイトル:鶏小説集

★★★★☆

著者:坂木司
ジャンル:鶏肉
発売日:2017/10/20
読了日:2018/05/07

内容紹介(Amazonより引用)

おまえの羽はどこにある? 様々な岐路で迷い、奮闘する全ての人へ―‐

トリドリな物語。旨さあふれる「鶏」小説を召し上がれ。
「トリとチキン」…似てるけど似てない俺たち。思春期のゆらぎと成長を描く/あげチキ
「地鶏のひよこ」…地方出身の父親と、都会生まれの息子/地鶏の炭火焼
「丸ごとコンビニエント」…コンビニバイトの僕が遭遇したクリスマスの惨劇とは/ローストチキン
「羽のある肉」…高校受験を控えた夏。彼女と二人で出かける/鶏手羽の照り煮
「とべ エンド」…死にたがりだった漫画家。そのエピソードゼロとは/鶏ハム

Amazon

Instagram投稿感想

こってりめの肉小説集に比べるとさっぱりめの鶏小説集。

鶏肉料理って幅広め!
主に出てくるのはコンビニのあげチキだったけれど(笑)
最後に出てきた手作りの鶏ハムはちょっと作ってみたくなりました!

どの物語も読みやすくてほぼ一気読みでした\( ˙ ˙ )/
めちゃめちゃすきなのは”羽のある肉”!!なにあの胸キュンな中学生((((●︎´□︎`)♡
王子様じゃないけど、人混みくらいなら守れるって言えちゃう中三なんてそれこそ将来は王子様ですʚ♡⃛ɞ(笑)

家族、友達、恋、仕事いろいろ悩みつつそれぞれ明るい展望を見せてくれる温かい物語でした!

とにかく読み終わってからずっとセブンのななチキが食べたい( 」´0`)」 の気持ちが高まっています(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です