あたたかい涙があふれる人気シリーズ第三巻!「思い出が消えないうちに (著:川口 俊和)」の感想。

思い出が消えないうちに 川口 俊和 読書 感想 書評 レビュー

あたりまえの日常をもっと大切にしなければと思える、コーヒーが”冷めないうちに”シリーズ第3巻。何度も鼻の奥がツンとする切なさ感動がありました。悲しみの先に希望がある物語です。

書籍情報

著者:川口 俊和
ジャンル: 切ない・感動
発売日:2018/09/18
読了日:2019/08/18

内容紹介(Amazonより引用)

シリーズ100万部突破! 映画化もされたベストセラー、待望の最新刊!

伝えなきゃいけない想いと、 どうしても聞きたい言葉がある。 心に閉じ込めた思い出を もう一度輝かせるために、 不思議な喫茶店で過去に戻る4人の物語――。

・・・ とある街の、とある喫茶店の とある座席には不思議な都市伝説があった その席に座ると、望んだとおりの時間に戻れるという ただし、そこにはめんどくさい…… 非常にめんどくさいルールがあった

1.過去に戻っても、この喫茶店を訪れた事のない者には会う事はできない
2.過去に戻って、どんな努力をしても、現実は変わらない
3.過去に戻れる席には先客がいる その席に座れるのは、その先客が席を立った時だけ
4.過去に戻っても、席を立って移動する事はできない
5.過去に戻れるのは、コーヒーをカップに注いでから、 そのコーヒーが冷めてしまうまでの間だけ

めんどくさいルールはこれだけではない それにもかかわらず、今日も都市伝説の噂を聞いた客がこの喫茶店を訪れる あなたなら、これだけのルールを聞かされて それでも過去に戻りたいと思いますか?

この物語は、そんな不思議な喫茶店で起こった、心温まる四つの奇跡
 第1話「ばかやろう」が言えなかった娘の話
 第2話「幸せか?」と聞けなかった芸人の話
 第3話「ごめん」が言えなかった妹の話
 第4話「好きだ」と言えなかった青年の話

あの日に戻れたら、あなたは誰に会いに行きますか?

Amazon

Instagram投稿感想

コーヒーが冷めないうちに、シリーズ第3巻。

2巻を読んでから時間があいてしまいましたが あたたかい涙があふれる物語なことは シリーズすべてに共通してるな…と 前作までを一気に思い出しました。

喫茶店の場所が北海道に変わっても 過去や未来へ時間を移動するための めんどくさいルールは今までどおり。

時間を移動したところで 現実は何も変えられないのも変わらずですが 時間を移動したひとの心は変えられることを 今回強く感じました。 .

一緒にいることが当たり前に思う存在こそ いちばん大事にしなきゃいけないな…と 日々の自分を振り返って反省です。 日々の生活に追われていろんなことが 雑になりがちだけれども もし明日世界が終わるなら、 そう思って周りのひとを、大切なひとを ちゃんと大切にしていきたい。

そんな気持ちを思い起こさせてくれる 優しい物語でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です