もっと1人1人の魅力をより詳細に紹介してくような続刊を期待しちゃいます。「アノニム:原田マハ」の感想

アノニム 原田マハ 読書 感想 書評 レビュー

アートのことは全然わからないわたしだけど、わくわくドキドキした1冊。アノニムのメンバー1人1人の個性が強くて、それぞれの関係性とか、つながりの強さがとてもすき。あとはお金持ちってすごいなぁ(笑)

書籍情報

タイトル:アノニム

★★★★

著者:原田マハ
ジャンル:美術・わくわく
発売日:2017/06/02
読了日:2018/12/25

内容紹介(Amazonより引用)

ジャクソン・ポロック幻の傑作「ナンバー・ゼロ」のオークション開催が迫る香港。建築家である真矢美里は七人の仲間とともにオークション会場へ潜入していた。一方、アーティストを夢見る高校生・張英才に“アノニム”と名乗る謎の窃盗団からメッセージが届く。「本物のポロック、見てみたくないか?」という言葉に誘われ、英才はある取引に応じるが…!?ポロックと英才、ふたつの才能の出会いが“世界を変える”一枚の絵を生み出した。
痛快華麗なアート・エンタテインメント開幕!!

Amazon

Instagram投稿感想

キャラ濃ゆいひとばっかり!!
正義の味方で謎のアート窃盗団のアノニムのメンバーがイラスト付きで紹介されてたこともあり、そのイメージを当てはめながら読み進めることでより世界にハマれました♡

とくにすきなのはボスのジェットかな(*˘︶˘*)イケオジすぎます♡
でも他のメンバーも素敵なとこがたくさんあってその魅力がさらっと触れるくらいで通り過ぎていってしまうのが残念です!
ぜひもっとひとりひとりの魅力をより詳細に紹介してくような続刊を期待しちゃいます♡(°´˘`°)/ ♡
全然知らないきらびやかな世界だけどとにかくわくわくドキドキがたくさん詰まってて本当におもしろい物語でした✍
.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です