猫の頭のかぶりものをかぶったマスターが営む喫茶店。「喫茶『猫の木』物語〜不思議なマスターの癒しの一杯〜:植原翠」の感想

喫茶 猫の木 不思議な猫マスターの癒しの一杯 読書 感想 書評 レビュー

猫のかぶりものを頭にかぶったマスターに癒されることまちがいなし!外見は変な人だけど、とても優しくて猫好きでおいしいコーヒーをいれる素敵な人です。

書籍情報

タイトル:喫茶『猫の木』物語〜不思議なマスターの癒しの一杯〜

★★★★

著者:植原翠
ジャンル:癒し・猫
発売日:2016/12/21
読了日:2019/06/07

喫茶『猫の木』シリーズ

喫茶店にいる猫頭の変わり者店主×恋愛不精OLの癒し系ほのぼのシリーズ

内容紹介(Amazonより引用)

恋愛不精のOL・有浦夏梅は、突然の辞令で海辺の田舎町に飛ばされてしまった。人間関係に悩み、会社を辞めようとした矢先に出会ったのは、とある喫茶店。そこは居心地がよく、親身になって悩みを聞いてくれる優しいマスターがいるのだが、なんと彼は猫のかぶり物を被っていて…?変わり者のマスター×天然OLの、癒し系ほのぼのストーリー。小説投稿サイト「エブリスタ」の大人気作、待望の書籍化。

Amazon

Instagram投稿感想

現実にあったら、たぶん入るのをためらう(笑)
猫の頭のかぶりものをかぶったマスターが営む喫茶店。
物語のなかだからこそ、関わりたくないひと!と思わずその猫のかぶりものの中身はすごくイケメンでめっちゃイイ声のひと!と妄想をふくらませて楽しみました♡

マスターと主人公のマタタビさんの会話は終始なごむし癒されます。
もちろん、元ノラ猫のニャー助にもたくさん癒されるので猫好きさんにはおすすめです!

あと2冊シリーズが続いてるみたいなので読破したいと今から楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です