鮮やかな謎解きよりも鮮やかな仕返しが大変おもしろかったです! 「春季限定いちごタルト事件:米澤穂信」の感想

春季限定いちごタルト事件 小市民シリーズ 米澤穂信 読書 感想 書評 レビュー

謎を解かずにいられない小鳩君と執着心が強く仕返しするなら完膚なきまでにたたきのめしちゃう小佐内さんの2人組みはおもしろくてほのぼのする楽しい物語でした。

書籍情報

タイトル:春季限定いちごタルト事件

★★★☆☆

著者:米澤穂信
ジャンル:ミステリー・青春
発売日:2004/12/24
読了日:2019/05/10

小市民シリーズ

この春季限定から始まり、夏季限定、秋季限定、短編集の巴里マカロン・・・と発売され、冬季限定は2020/05時点ではまだ発売されていません。

漫画化もされています。

前巻、後巻でのコミックス化です。

内容紹介(Amazonより引用)

小鳩君と小佐内さんは、恋愛関係にも依存関係にもないが互恵関係にある高校一年生。きょうも二人は手に手を取って清く慎ましい小市民を目指す。それなのに、二人の前には頻繁に謎が現れる。名探偵面などして目立ちたくないのに、なぜか謎を解く必要に迫られてしまう小鳩君は、果たしてあの小市民の星を掴み取ることができるのか?新鋭が放つライトな探偵物語、文庫書き下ろし。

Amazon

Instagram投稿感想

圧倒的に個性的な2人組にかなり引き込まれました!

満願、王とサーカスのふたつしか読んだことがなかった米澤さんなのでかなりテイストが違ったこの物語はわたしにはとても新鮮でした。
謎は日常のささやかなものばかりですがどんどんページをめくってしまいます!
小鳩くんと小佐内さんのそれぞれのキャラも関係性もおもしろくてここにいたるまでの2人の過去がすごく気になる。とくに小佐内さん…。
鮮やかな謎解きよりも鮮やかな仕返しが大変おもしろかったです!

シリーズ化されてることも初めて知ったのでこれは全部読破しなければです。
小市民の星になれるのかさっそく確認していきたいと思います(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です