ほんわかなごはん屋さんの物語かと 思っていたけれど・・・「三人屋 (著:原田 ひ香)」の感想。

三人屋 原田 ひ香 読書 感想 書評 レビュー

朝・昼・晩で店の内容が全く異なるごはん屋さん。どの時間のごはんもすごく魅力的でおいしそうで通いたくなる…。いろんな問題を抱えていて、ほんわかするわけではないけど、ラストはハッピーだからOKかな

書籍情報

三人屋
評価
 (4)

著者:原田 ひ香
ジャンル:ご飯・人情
発売日:2015/06/04
読了日:2019/08/02

内容紹介(Amazonより引用)

朝は三女・朝日の喫茶店、昼は次女・まひるの讃岐うどん屋、夜は長女・夜月のスナック――

朝・昼・晩で業態がガラリと変わるその店は、通称「三人屋」。 やって来るのは、三女にひと目惚れしたサラリーマン、 出戻りの幼なじみに恋する鶏肉店主、 女泣かせのスーパー店長など、ひと癖ある常連客たち。 三姉妹が作るごはんを口にすれば、胃袋だけじゃなく、心もたっぷり満腹に!? 心とお腹にじんわりしみる、美味しい[人情×ごはん]エンタメ!

「高いビルの屋上から、道行く人をじっと眺めているような小説である。大所高所から見下ろしているという意味ではない。ちっぽけな人間たちが、時に迷ったり立ち止まったりしながらも、それぞれの目的地を目指して懸命に歩いている姿を目にした時の、あの切ないような尊いような心持ちを思い出させてくれるのだ。」 ――北大路公子氏「解説」より

【目次】

1.森野俊生(26)の場合
2.三觜酉一(52)の場合
3.飯島大輔(36)の場合
4.桜井勉(32)の場合
5.志野原辰夫(故人)の場合

Amazon

Instagram投稿感想

ほんわかなごはん屋さんの物語かと 思っていたけれど、 さすがひ香さん。。

想像よりもずっとハードな人間模様。 ギスギスした三姉妹の関係性とか 旦那の浮気からの離婚までのしんどさ、 夜月ちゃんの急な失踪まで ヘビーな展開多めでした。

とくに離婚問題にぶち当たってる、 まひるちゃんの元夫は 本当に絶対に不幸になりますように! と願いながら読みました!! .

話の流れはヘビーでしたが 三姉妹のどのお店のごはんも すごくおいしそうで、そこもさすがひ香さん*✧. . 複雑でややしんどめの人間関係だけど おいしそうなごはんに引き込まれて なんだかんだハッピーエンドな1冊です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です