おもしろくて楽しくて魅力たっぷりのミッチのサクセスストーリーです!「ロマンシエ:原田マハ」の感想

原田マハ ロマンシエ 読書 感想 書評 レビュー

パリが舞台のオシャレで、おもしろすぎて、ちょっとほろっとくるとこもある、アートxお仕事x恋愛と見所モリだくさんの物語。ハルさんがかけてくれる言葉が愛と優しさにあふれてて大好き。

書籍情報

タイトル:ロマンシエ

★★★★

著者:原田マハ
ジャンル:ラブコメ
発売日:2015/11/25
読了日:2019/01/22

内容紹介(Amazonより引用)

政治家を父に持つアーティストの卵・遠明寺美智之輔は、恋愛対象が同性の乙女な男子。同級生の高瀬君への恋心を秘めたまま、日本の美大を卒業後、単身、パリへ留学した。ある日、美智之輔は印象的な風貌の羽生光晴という女性と知り合う。偶然にも彼女は、美智之輔が愛読する超人気小説の作者で、訳あってリトグラフ工房に匿われていた。過去に、ピカソなどの有名芸術家たちが作品を生み出してきたプレス機が並ぶその工房で、リトグラフに魅了された美智之輔は、光晴の生活をサポートしつつ、リトグラフ制作をすることになるが―。

Amazon

Instagram投稿感想

がんばれミッチ!!!っとずーっと応援しつづけたくなる
本当にかわいくて健気で一途なところが愛おしくなるイケメン。(笑)
アートのことは何もわからないけどこの物語を通してリトグラフへの興味が強くなって検索したりしちゃうほどその魅力がたっぷりつまってます。
それだけじゃなくて、パリのおしゃれな生活が見えたり、ミッチの恋愛模様にドキドキイライラしたり、ハルさんのひとことひとことに励まされたりちょっと泣けたり、それ以外にもたくさんの場面が心に残ってます!

ミッチの妄想ひとりごとの時間に読みはじめは、なんなんこいつー!!っと取っ付きにくさを感じてたのに読み終わるころにはミッチがんば!とすごくすごく親身に感じてかわいくてたまらなくなります(°´˘`°)/ .
おもしろくて楽しくて魅力たっぷりのミッチのサクセスストーリーです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です