書きとめておきたい言葉があふれる心を癒やす1冊。「キッチン風見鶏(著:森沢明夫)」の感想。

キッチン風見鶏 森沢明夫 読書 感想 書評 レビュー

幽霊が出てくるレストランにまつわる、やさしくてあたたかくて癒される物語。登場人物それぞれが幸せになっていく前向きなお話です。絵里さんとお母さんが一緒に寝るシーンで涙腺ゆるみました。

書籍情報

著者:森沢明夫
出版社:角川春樹事務所
ジャンル:心温まる・癒し
発売日:2018/06/13
読了日:2019/09/20

内容紹介(Amazonより引用)

港町で三代続く老舗洋食屋「キッチン風見鶏」。おすすめは、じっくりと手をかけた熟成肉料理だ。

漫画家デビューを夢見るウエイター・坂田翔平は、幽霊が見えてしまうのが悩みのタネ。お客さん一人ひとりに合わせた料理が好評なオーナーシェフ・鳥居絵里は、家族の健康を案じつつ空元気を出して奮闘中!誰しも未来は不安だし、人生は寂しいものだ。でも、だからこそ、自分の心に嘘をつかずに生きていく―。

美味しさとやさしさが溢れる傑作長編。

Amazon

Instagram投稿感想

思ってた物語とはちょっとちがった スピリチュアルで不思議なものでした。

でも思っていた以上の優しさがあふれた 読後は自分も優しい気持ちになれる物語です。 自分の考え方しだいでどんなことでも 前向きに考えることができるってこと、など 明るく生きてゆくための ほんの少しのアドバイスが いたるところに散りばめられています。

書きとめておきたい言葉があふれる、 心を癒やす1冊でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です