ネコとヒトの運命が動き出していくお話。「悲しみの底で猫が教えてくれた大切なこと:瀧森古都」の感想

瀧森古都 悲しみの底で猫が教えてくれた大切なこと 読書 感想 書評 レビュー

パチンコ店の前に置かれた「里親探しノート」によって、それに関わるネコも人も運命が動き出していくお話。悲しみの先の出会いと優しさに包まれるあったかくてほんわかな一冊。

書籍情報

タイトル:悲しみの底で猫が教えてくれた大切なこと

★★★☆☆

著者:瀧森古都
ジャンル:感動
発売日:2015/04/25
読了日:2017/03/31

内容紹介(Amazonより引用)

本書は「猫にまつわる感動体験」を通じて、登場人物が学び、成長していく全4話からなる小説です。
それぞれのストーリーは独立しながらも関連しあい、最終話まで読むと一つの大きな物語として完成されます。
衝撃のラストは、涙なしには読めません。思いっきり泣いた後、本当の幸せに気づく、そんな「気づきのある物語」です。


たった一冊の「里親探しノート」を介して、様々なドラマが繰り広げられていく全四話の物語集。

Amazon

Instagram投稿感想。

猫にまつわる奇跡のお話。
あっという間に読み終わってしまう読みやすさと、登場人物ひとりひとりのやさしさに心温まる物語でした。
悲しい過去を背負って生きているけれどその過去と向き合ってみることが自分のために大切なんだと優しく教えてもらった気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です