源氏物語って、こんなにゲス物語だったのね!!!?と、ものすごく斬新な視点から古典を読めた一冊!「源氏姉妹:酒井順子」の感想

酒井順子 源氏姉妹 読書 感想 書評 レビュー

セキララでエグイ!(笑)源氏物語って主人公ゲス男だったんですね・・・。めっちゃ下ネタいっぱいで基本ゲスい関係だったけど、いつも絶対手にとらない古典文学に興味を持つきっかけにはなったかな。

書籍情報

タイトル:源氏姉妹

★★★☆☆

著者:酒井順子
ジャンル:大人
発売日:2017/01/10
読了日:2018/05/03

元ネタは源氏物語

日本の有名な古典「源氏物語」が元ネタになっています。

酒井順子先生は古典ものが好きなようで・・・

など新訳的なのやエッセイなどを出されています。

内容紹介(Amazonより引用)

千年経てば、時効ですよね? 光源氏のすべてを知る元カノたちが本音を暴露! セフレ関係をエンジョイした。セックスレスに悶えた。他の女の影に苦しんだ。肉欲を遮断して宗教に逃れた……源氏の君を通じて「姉妹」となった身分も性分も多彩な女たち。その赤裸々な「しちゃった」体験談が光源氏という男の真の姿を浮かび上がらせる。現代人が心底共感できる最強・最エロの「源氏物語」リミックス誕生!

Amazon

Instagram投稿感想

インスタで見かけて気になって予約したこの本。
源氏物語って、こんなにゲス物語だったのね!!!?と、ものすごく斬新な視点から古典を読めた一冊!

古典ならではの奥ゆかしさをがっつりとっぱらって紫式部から恨まれるのではないかと思われるほどの独自の解釈は子供の頃に教科書で見たレベルのわたしには大変おもしろく読みました(笑).

ほぼ犯罪者なのにこの時代だから許される光源氏はひたすら気持ち悪いけど、
光源氏に関わるだれもがみんないいオトコって言ってるし近づくと特有の芳香がするってとりあえず見たいし嗅いでみたい(笑)!なんて考えてました!

ほんっとひたすらゲスかった!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です