仕事と恋愛と時々ミステリー。「屋上で縁結び:岡篠名桜 」の感想

屋上で縁結び 岡篠名桜 読書 感想 書評 レビュー

屋上に神社のあるビルの管理会社に再就職することになった主人公が、ビルで起こる日常の謎を解いていくお話。仕事と恋愛と、ときどきミステリーなほんわかの一冊。

書籍情報

タイトル:屋上で縁結び

★★★☆

著者:岡篠名桜
ジャンル:ミステリー
発売日:2017/01/20
読了日:2017/04/29

内容紹介(Amazonより引用)

勤め先が倒産し、再就職活動中の苑子。生来の地味さゆえか連敗中のある日、面接会場の窓から遠くのビルの屋上に建つ神社を見つけ、神頼みをする。数日後、採用が決まったのは、なんとその神社があるビルの受付だった。初出勤日の昼休み、何気なく屋上に上がった苑子はモッズコート姿で掃除をする神主の幹人と知り合い、弁当を分け合うことになり…。すこし不思議で心温まるお仕事ミステリー。

Amazon

Instagram投稿感想。

仕事に恋愛にミステリーな1冊。
新しい職場があるビルの屋上にはイケメンな神主さんが守る神社が!
素敵な神主さんと日々のやりとりから距離を縮めたり。
「人の顔をよく覚えている」という長所を生かして受付業務をこなしたり。
その延長で謎を解いてみたり。
いろいろあるけれどどこかほのぼのとしていてゆるく楽しい物語に思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です