圧倒されるスピード感で、仮面病棟読後、またもやほぼ一気読みしてしまった1冊。「時限病棟:知念実希人」の感想

時限病棟 知念実希人 読書 感想 書評 レビュー

圧倒されるスピード感で、仮面病棟読後、またもやほぼ一気読みしてしまった1冊。前作と同じ「田所病院」を舞台に、監禁された5人が死の脱出ゲームに!衝撃でした!!

書籍情報

タイトル:時限病棟

★★★★

著者:知念実希人
ジャンル:ミステリー
発売日:2016/10/06
読了日:2017/11/22

前作は「仮面病棟」

同じ病院を舞台とした前作が有ります。

内容紹介(Amazonより引用)

目覚めると、彼女は病院のベッドで点滴を受けていた。
なぜこんな場所にいるのか? 監禁された男女5人が、拉致された理由を探る……。
ピエロからのミッション、手術室の男、ふたつの死の謎、事件に迫る刑事。
タイムリミットは6時間。謎の死の真相を掴み、廃病院から脱出できるのか!?

大ヒット作『仮面病棟』を凌ぐスリルとサスペンス。
圧倒的なスピード感。衝撃の結末とは――。
医療ミステリーの超傑作、文庫書き下ろし!
累計60万部突破の「病棟シリーズ」最新刊。

Amazon

Instagram投稿感想

仮面病棟読後、すぐに読んだ本!
投稿はかなり遅くなってしまいましたが、おもしろさはやっぱりジェットコースター並みのやつ!

登場人物みんなが犯人に思えてくるし前作よりスリル感が増しててもう誰も信じられなーいっ (°° )!て、スーパー疑い深い人間になれる本。(褒めことば)笑

脱出ゲーム大好きですが、リアル脱出ゲームは未経験。
いつか挑戦してみたいけれど、こんなリアル脱出ゲームには出会うことがありませんよーに!笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です