次のお出かけは森林浴できる場所を目指したくなる「森に願いを:乾ルカ」の感想

森に願いを 乾ルカ  読書 感想 書評 レビュー

森に誘われた人、それぞれの悩みが心にグサグサ刺さる。やさしくて丁寧な森番の青年とキレイな森の描写に心が温かくなりました。とても心に染みる物語。

書籍情報

タイトル:森に願いを

★★★★☆

著者:乾ルカ
ジャンル:やさしい本
発売日:2015/02/10
読了日:2019/04/24

内容紹介(Amazonより引用)

いじめ、進学、就職、恋愛、不治の病…それぞれに人生の悩みを抱え、希望を失った人々。彼らが迷い込んだ街中の広大な森の中に、その青年はいた。能天気に見える森番の青年が語りかける言葉は不思議な力で彼らの心に届く。ふれあいの先にある彼らの運命は。そして、森と青年に隠された禁断の秘密とは―驚きと感動に満ちた、癒しのミステリー。

Amazon

Instagram投稿感想

ひとごととは思えない悩みをもつ主人公たちばかりですごく心に刺さりました。
どんな悩みに対しても、べつに相談されたわけでも頼りにされたわけでもないけれど寄り添って力になってくれる森番さんの優しさと温かさがすごく良かったです。

近くに森はないけれどあたたかくなってきたし、森林浴に絶好の季節に読めたから次のお出かけは森林浴できる場所を目指したくなりました✍︎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です