なにより、マハさまの描く女性の強さ、たくましさ、かっこよさ!!!!「 総理の夫(著:原田マハ)」の感想。

総理の夫 原田マハ 読書 感想 書評 レビュー

日本初の女性総理!!りん子さんが現実にいたらまちがいなく指示する!マハ様の描く女性の強くたくましくかっこいい姿は今回がイチバンかもです。もちろん今回は”夫”が主役なだけあってステキな夫婦愛に感動です。

書籍情報

総理の夫
評価
 (5)

著者:原田マハ
ジャンル:政治・感動
発売日:2016/12/03
読了日:2019/07/13

内容紹介(Amazonより引用)

20××年、相馬凛子は42歳の若さで第111代総理大臣に選出された。 鳥類学者の夫・日和(ひより)は、「ファースト・ジェントルマン」として妻を支えることを決意。

妻の奮闘の日々を、後世に遺すべく日記に綴る。 税制、原発、社会福祉。 混迷の状況下、相馬内閣は高く支持されるが、陰謀を企てる者が現れ……。

凛子の理想は実現するのか!? 痛快&感動の政界エンターテインメント!

【著者コメント】

「なぜ日本の総理は当たり前のように男性なのか?それをフィクションで覆してみたかった。凜子は私の理想そのもので、彼女を支える夫・日和は何があっても妻を信じ、陰ながら守り抜く。 本作は政界を舞台にした、信じ合い支え合う夫婦愛の物語である」

――原田マハ(映画化決定にあたって)

Amazon

Instagram投稿感想

物語序盤の総理の夫、日和さんの頼れなさとおめでたいひと感にどうにもイライラヒヤヒヤさせられたけれど、なんだか憎めなくてすごく応援しちゃいます。

なにより、マハさまの描く女性の強さ、たくましさ、かっこよさ!!!!

凛子さんの言葉ひとつひとつが 何度も心に響いて感動しました。 もちろん、ずっと前から大好きな”本日はお日柄もよく”の久美さんが考え抜いたスピーチということは 最高の内容であることまちがいなしですよね!

スピーチの場面は最高に感動的ですが、 わたしは、お義母さんが実は影ですごく 支えてくれていたのがわかったとこで 号泣しちゃいました(ノ□`。)゚

ちょっとうざい感じって思っててごめんー!! と反省するほど、とてもよかったです。 .

政治、経済にものすごく疎いわたしでも 本当に楽しく読めました。 なんなら中盤からラストまで一気読み! 読み終わるまで寝られない物語なので 夜読み始める場合は寝不足覚悟です(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です